忍者ブログ
出会いに関する書籍の紹介
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話部分と全体―私の生涯の偉大な出会いと対話
W.K. ハイゼンベルク
みすず書房 刊
発売日 1999-11


本書は量子力学建設期の巨人、W・ハイゼンベルクによる『Der Teil und das Ganze』(1969) の邦訳である。訳はハイゼンベルクのもとで彼と共同研究を行っていた山崎和夫により、序文を湯川秀樹が寄せている。この豪華な顔ぶれが並ぶ本のページをめくってみると、まず内容のおもしろさに引き込まれる。題名からは難解な哲学書を思わせるが、本書はハイゼンベルクの自伝なのである。
圧巻は彼とボーア、アインシュタイン、ゾンマーフェルト、パウリ、ディラック、プランク等巨人たちとの対話である。そこではアインシュタインが「サイコロを振る神」の考え方を受け入れられず執拗に食い下がり同僚にいさめられたり、温厚な人柄で知られるボーアがシュレーディンガーと対決しついにシュレーディンガーが熱で倒れるも、ボーアはベッドの横にイスを持ち込んで議論を続けようとしたりと、そこからは巨人たちの姿を生身の人間として感じることができる。キリスト教の聖書は物語と対話によって神の教えがあらわされているが、本書では物語と対話によって物理学の巨人たちの教えがあらわされている。その言葉には重みがあり本書を開くたびに新たな発見がある。(別役 匝)

偉大な物理学者の内省 2007-12-20
歴史上有名な物理学者のハイゼンベルクの自叙伝であるが、物語というよりは、対話をつづったものという印象。人生がつづられているわけではなく、その世代毎の問題意識、議論が記述されている。少年時代からこんなに抽象的な議論をしていたのかと思えるほど、哲学的な問題意識を早い時期からもっていた。天才は違うのかなと思わざるをえない。

量子論の導入部分を人間的(?)に理解するにはいい本ではなかろうか。

また、科学者の責任について、動乱の時代を生きてきた方だけに、記述に重みがある。特に第二次世界大戦であえて米国に移住せず、ドイツに残って、敗戦後のドイツの復興を見据えて若い学生の教育にあたったというのは、なかなかまねのできることではないだろう。それだけの覚悟をもって生きたハイゼンベルクだけに、核兵器の開発後の科学者の社会責任の議論は、今でも有効だろう。当時の科学者の苦悩もしのばれる。

自伝の形をとっているが、非常に哲学的な本である。




さらに詳しい情報はコチラ≫


PR
彼女はなぜ結婚できたのか 出会いの秘密がわかる結婚マーケティング彼女はなぜ結婚できたのか 出会いの秘密がわかる結婚マーケティング
雨村 幸親
芸文社 刊
発売日 2005-11




株式市場のような観点です 2008-01-07
自分という商品はどこでどのように売り込むか、というような観点で書かれています。一般的に恋愛や結婚の本は小手先の技術的な記述が多いですが、自分の立ち位置を確認するような内容になってます。森永卓郎さんや岡田斗司夫さんの考えと似てると思います。市場という観点がなかった人にとっては斬新かもしれません。心理学っぽいことも多少書かれています。


さらに詳しい情報はコチラ≫


誕生日の暗号―運気も出会いも「心相数」でわかる誕生日の暗号―運気も出会いも「心相数」でわかる
宮城 悟
ビジネス社 刊
発売日 2007-08




さらに深い内容! 2007-11-22
感動しました。あなたの「運命の人」がわかる本で3つの数字に関する楽しさを知りましたが、こちらの本はさらに深い内容になっています。前書は☆5つをつけましたが、こちらはさらに☆4つを足して9つにしたい気分です。宮城氏の本でどれか一冊を選ぶのであれば、間違いなくこの本をおすすめします。これまで四柱推命や九星気学、西洋系からピタゴラス数秘術までいろいろと学んできましたが、この心相数が一番腑に落ちました。読んで、信じて、そして実行することによって、人生の強力なツールになると思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


スプリット―存在をめぐるまなざし歌手と武術家と精神科医の出会いスプリット―存在をめぐるまなざし歌手と武術家と精神科医の出会い
カルメンマキ /甲野 善紀 /名越 康文
新曜社 刊
発売日 1998-05




互いが互いの内面を照射するてい談−この本に出会えてよかった! 2007-01-18
精神科医ですっかり有名になった名越康文氏のバックグラウンドを知りたいと

思って本書を購入した。

古武術家の甲野善紀しがお膳立てしたてい談で、あちこちの出版局に

持ち込んで断られた末に、新曜社から出された本である。



内容は、想像していたよりもはるかに素晴らしく、甲野氏、カルメン・マキ氏、

名越氏が図らずもてい談を通じて互いの心の奥底を照射する深い作品となっている。

それそれに苦悩に満ちた半生を送ってきた人たちだけに、

共感し深い感動を味わった。



「スプリット」−裂けて、断片化した存在かもしれないが、

裂けたところから新たな光が差し込み、より深き自分を照らし出す。

裂けて、分かれた枝葉には幹があり、根があるようにそれ全部が樹木なのだ、

という趣旨の、まるで詩のような名越氏のあとがきには、一際感銘した。

カルメン・マキの歌詞のような、あとがきも素晴らしい。


さらに詳しい情報はコチラ≫


死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)死体とご遺体 夫婦湯灌師と4000体の出会い (平凡社新書)
熊田 紺也
平凡社 刊
発売日 2006-04-11




「職業に貴賎はない」を実感する一冊 2007-11-01
亡くなった方の身体を、葬儀に際し洗い清め、死に化粧を施す…「湯灌」という仕事に対し抱くネガティブなイメージを、著者は常に読者よりも先に差し出してきます。「こう思うでしょう?確かにそうです、でも違った見方をするとこうなんですよ」という感じです。著者はあくまでビジネスとして湯灌に携わっていて、そこには悲壮感や使命感はなく、時には笑いさえ織り交ざります。亡くなった方の死出の旅への準備をしながら、ご遺族の心の準備のお手伝いをするお仕事。湯灌のイメージは、最後にはそんなふうに変わりました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


「いい出会い」をつかむ人94のルール―人は誰でも、二つの素敵な顔を持つ (知的生きかた文庫)
斎藤 茂太
三笠書房 刊
発売日 2003-11




出会い方 2006-06-21
出会いによってその後が左右される。どのようにすれば、いい出会いが出来るか。良い出会いによる人間関係を築く第一歩を学ぶことが出来た。


さらに詳しい情報はコチラ≫


導きの星〈4〉出会いの銀河 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)導きの星〈4〉出会いの銀河 (ハルキ文庫―ヌーヴェルSFシリーズ)
小川 一水
角川春樹事務所 刊
発売日 2003-11




幼年期の終わりの裏面に 2006-02-04
作品のコンセプト自体は本格SFを期待させるものだが、主人公を未だ成長過程にあるような若輩者にした時点で本格SFへの道は閉ざされている。

SF的な驚きは少ないが、エンターテイメント作品として面白く読める。

もっと、かっちりしたものをというかたはクラークの「幼年期の終わり」をどうぞ。

本作品への私の印象は「幼年期の終わりの裏面に映像的な描写を盛り込んだエンターテイメント作品」という感じ。


さらに詳しい情報はコチラ≫


脳は出会いで育つ脳は出会いで育つ
小泉 英明
青灯社 刊
発売日 2005-08-15




脳という器官へ、はぐくむという関わり方は 2007-08-10
この著者は、日立製作所で、国産初の超電導MRIの製品化に成功、脳機能の計測を可能とする機能的MRI装置開発といった、医療機器の開発において大変優れた業績をあげてきた方です。

経歴だけみると、機器開発=メカニック?という印象ですが、こういった研究の中で、脳の機能について第一人者と言える非常に深い知見をお持ちになられました。

中央教育審議会の専門委員としてもご活躍です。



この本は、そういった経験の中から、脳の機能に関して、一般向けに大変分かりやすく述べたものです。



脳の働きについて、現在、科学的に明らかとなった「事実」を、中立的に述べていらっしゃいます。科学者らしく、分かっていることと、まだ分からないことを、正確に表現していらっしゃると思います。

そういった脳を育てる、という視点の話だけではなく、



現在、脳の働きについての研究成果が、教育分野や認知症予防・治療などに、必ずしも応用されているとはいえない意外な事実、



「脳」と謳った巷にあふれる本(一般向けのお遊び的なものだけではなく、子どもの教育について書かれた本も!)は、科学的に事実と証明されたわけではないのに流行してしまっていること、



といったことが、よくわかります。

日経新聞(2007.8.10、テクノロジー面)に、「脳科学の分野、応用探る」という記事が掲載されましたが、この本を読むと、その詳細がもっとよく分かることと思います。



子育て中の人も、妙な子育てハウツー本を読むより、この本から是非読んでほしいと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


出逢い力―あなたに逢えてよかったと言われる人生 (アスカビジネス)出逢い力―あなたに逢えてよかったと言われる人生 (アスカビジネス)
松尾 一也
明日香出版社 刊
発売日 2004-04




軽快で重厚な人生ガイド 2006-02-28
人には様々な価値観がありますが、少なくとも真っ当に生きようとしている人ならば、著者の松尾氏が語ることに共鳴し、感動し、教えられあるいは気づかされるはずです。

それもそのはず、著者が伝えることは主にその膨大な人脈中の賢人たち(著者の父上も)が説く、人生を豊かにする様々な哲学や至言に基づいているからです(歴史上の至言も援用されています)。

著者はそれらを上手に噛み砕いて、とても初筆とは思えない素敵な文章で、笑いや涙を誘いながら伝えてくれます。ですから押し付けがましく説く人生の指南書というようなものではなく、誰もが素直な気持ちで軽快に読み進められる良質のガイドブックといえると思います。

とかくベストセラーにばかり目が行ってしまいますが、この本と出逢って「隠れた名著」というのはやはりあるものなのだなあ、と気づかされました。一読を強くお勧めします。




さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天
太陽との出会い太陽との出会い
大野 百合子 /ジュディス・カーペンター
ヴォイス 刊
発売日 1998-04




全てが精神世界 2004-11-13
私は20代前半のとき、彼女の話を聞きに行ったことが一度ある。しかし私はあまりにも、基礎知識もなく行ったせいか、そのときの体験も話も、あまり重要に意識できなかった。彼女は母国オーストラリアで、タスマニア大学の、メタフィジック科で教鞭を取る、信頼されたヒーラー。あれからも時々、日本に講演にいらしているらしい。 私は時期がまだ早かったらしく、理解できずそれきりになっていました。そして初めて読むジュディスの本にはこう書いてありました。
「サイキックになるには、単に週末のニューエイジ教養講座に参加すればいいというものではありません。それは学びのはじまりにしか過ぎないのです 」
ジュディスのセミナーに行った、当時20代前半の私は、あまりまだよくわかっておらず、精神 世界の入り口に入ったばかりでした。 そしてその後、私もジュディスのように考えるようになったのはいいのですが、所謂ニューエイジ業界のすべてが、インスタントな悟りのようなものを目指しているのだと、段々と色々な事件もあったりで、批判的に見るようになり、離れて行くよ
うになりました。 (その見方は極端で、一部誤解でしたが。)
しかし近ごろ、自分がどうも想念や、願望が実現するスピードが速くなって来ていることに気が付き、やはりそういう時代が来ているのだろうか等と考え、これからは自分が何を望み、意図しているか、明晰になっていないと
想ったまま現実が創られていくのだと思い。(実際にそういう事があります)必要に迫られてと言いましょうか、再び謙虚に精神世界の本等を読み、学び直そうとしていたところ出会った本なのです


さらに詳しい情報はコチラ≫


[PR]楽天
ターニングポイント―『折り梅』100万人をつむいだ出会いターニングポイント―『折り梅』100万人をつむいだ出会い
松井 久子
講談社 刊
発売日 2004-12




ターニングポイント 2006-12-11
一度お会いした印象は随分小柄な人で、何処にこの様なエネルギーを秘めているのだろうと思いました。10年ごとにある決断をして生きてきた人が、折り梅、ユキエの映画監督となってこのような作品を世に送り出したのです。平凡な主婦が、年輪を重ねるごとに一つずつの決断に意味を見つける人生が綴られています。吉行さん、原田さん主演の折り梅は、日本の家庭が抱える避けられないテーマです。考えさせられました。


さらに詳しい情報はコチラ≫


日英蘭奇跡の出会い―海に眠る父を求めて日英蘭奇跡の出会い―海に眠る父を求めて
鶴亀 彰
学習研究社 刊
発売日 2007-07




守護霊の存在を感じさせる奇跡の出会い 2007-12-25
60余年前に潜水艦伊166とともに撃沈された海軍大尉の父。

当時3歳だった著者は父に対する尊敬と喪失感を胸に秘め、

ビジネスコンサルタントとして仕事に追われる。

しかし、還暦をすぎ、世界旅行の途中で寄ったモニュメントバレーで

父の最期を突き止めようと決意したことから、父の霊に導かれるようにして、

父の潜水艦が沈めたオランダ潜水艦将校の遺族、父の潜水艦を沈めた

イギリス潜水艦の艦長とその一家などに出会い、日英蘭3家族の和解が実現する。



平和なときであれば、善良な市民であり、互いによき友となれる人たちが、

国を守り、家族を守るために戦場に赴き、殺しあった。

この本は、戦争というものが、どんな美名のもとに行われても、

実体は誰かのかけがえのない家族の命を奪う行為であり、残された遺族はもとより、

勝者でさえも、何十年にもわたる心の傷や喪失感に苦しんだことをリアルに伝えてくれる。

日本人は原爆の悲惨さは伝えても、戦争を知らない和い世代にかつて日本軍が

オランダ人の捕虜をはじめ、他国の大勢の人たちにいかに残虐な行為をしたかを教えようとしない。

「水に流す」のは日本人の長所かもしれないが、歴史と真摯に向き合い、

「個」の痛みに思いを馳せることなしに、真に国際的な尊敬を勝ち得る国になれるはずもないと、

3世代目の子供たちがアイルランドの古城で語らう場面を読んでつくづく思った。



本の最初に著者の父の遺書が掲載されている。

「汝等いまだ幼くして よく父の面影だに思ひだすまい。

しかし、この父は この魂は必ず そちら二人の身辺から 寸刻も離るまじ」。

読後にもう一度、この手紙を読み返し、親の愛というものは、

この世から肉体が消えても子の上に留まるものかと胸が熱くなった。

私はスピリチュアリズムの信奉者ではないが、

守護霊の存在を信じずにはいられない奇跡の出会いであり、本である。


さらに詳しい情報はコチラ≫


夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show (講談社文庫)夢・出逢い・魔性―You May Die in My Show (講談社文庫)
森 博嗣
講談社 刊
発売日 2003-07




タイトルばかりが目立つ、やや頭でっかち。 2007-05-11
おそらく、シリーズものとして練無の特性を活かしたものが欲しかったのだろう。

なので、華やかな東京のテレビ局を舞台にしている点、いつも以上に軽快な文体も個人的には気にならない。

章ごとに挿入される引用文「不思議の国のアリス」も、割と良かった。軽快なテンポとは良くマッチしているし、掛詞の面白さというのも本作と相性はいい。



しかし、読後の感慨深さはない。

タイトルとの連携に気を回しすぎていて、全体としての話の作りが粗く、テーマが伝わりにくい(この作品が気に入っている人にとっては、タイトルが巧くできていて、軽快な文章で読みやすい、となる部分ではある)。

推理小説として人物に納得できない行動が多い。

犯人も一見意外な気がするが、犯人と特定の人物以外は特筆すべき行動を起こしていないので、あっさりと分かるなど、残念な部分が多い。



勿体ない作品である。



そもそも、この内容は小説よりも、映像向きのシナリオに思える。テーマ、トリック、小道具、演出、どれも映像に向いている。逆に云うと、小説でなければならない理由はあまり感じられない。



シリーズ内作品でなかったなら、魅力は薄いだろう。


さらに詳しい情報はコチラ≫


王子様に出会い愛される シンデレラの教え王子様に出会い愛される シンデレラの教え
佐藤 富雄
宝島社 刊
発売日 2004-12-08




だれもが幸せになれる 2007-10-11
とても良い本だと思います。できるだけ何度も読んで、セルフ・イメージ(自己像)を高め、口ぐせをよいものにし、意識を変えて理想のイメージを保ち続ければ、「シンデレラ・ストーリー」はその人に訪れる、そう思いました。

客観的にみて美人かどうかではなく、自分自身が自分のことを「わたしは魅力的ないい女だ。だから必ず最高の男性と結ばれて幸せになれる」と思えるかどうかが非常に重要なんだなと思いました。



―『客観的な美しさなどは、幸せにまったく影響しないのです。ただ「わたしは魅力的ないい女」という自己像・セルフイメージだけがあなたを劇的に変化させ、幸せへと導きます』 『美しさは、他人が決めるものではありません。あなたの価値は、他の誰かが決めるものではありません。あなたの素晴らしさは、数字にできるものではありません。すべては、あなた自身が決めるのです』



自分のありのままを素晴らしいと思い、愛することで幸せになれるんだなと、大切なことを教えてもらいました。それから、シンデレラの母の遺言、『いつも神様にお祈りを捧げなさい。決して人を羨んではいけませんよ。神様は善良な人を助けてくださるのです』を忘れずに実行したいと思います。毎日、「なんて不幸なんだろう」と考えて過ごすよりも、シンデレラのように、「幸せになれますように」「素敵な男性と、幸せな将来が送れますように」と願って過ごしたほうが、きっと幸せになれそうですよね。



自分の価値を信じて、素敵な男性と、経済的にも豊かに・幸せに暮らしている姿をイメージして、毎日願い事をしていこうと思います。

恋愛がうまくいかなくて悩んでる方、男運が悪い方、出会いがない方、経済的にも豊かになりたい方、幸せを願うすべての女性に一読あり!だと思いますよ。

ちなみにカバーがリバーシブルになっていて、裏面がかわいいブックカバーになっています♪


さらに詳しい情報はコチラ≫


セレスティーヌ―アーネストとの出会いセレスティーヌ―アーネストとの出会い
ガブリエル バンサン
ブックローン出版 刊
発売日 1988-04




アーネストパパの優しい眼差し 2007-11-08
ガブリエル・バンサンの著書と初めて出会ったのは話題の処女作『アンジュール ある犬の物語』でした。嗚呼、何て著者のデッサンは複雑な描写でもなく柔らかなどちらかと言うと線の少ないデッサンなのにこんなにも物語るものがあるのだろうか…そして言葉数が少なくとも、それ以上に与えられるものがあるのです。バンサンさんの自在な線が描く世界は何て美しいのか、まるで描かれたもの全てが動き出してしまうのではないかと思ってしまうのです。此方の『セレスティーヌ アーネストとの出会い』では、クマのアーネストとネズミの赤ちゃんセレスティーヌとの出会いのお話、そして始まりがアーネスト目線で語られています。今回はセピア色の淡い柔らかな水彩タッチでこの絵本を彩られています。言葉数は少ないけれど確かな優しさと愛に溢れたアーネストの父親としての眼差しがセレスティーヌへの愛を物語っています。私事ですが私自身、父親に恵まれない家庭で育ったもので…ゴミ箱の中から偶然見付けたまだ目も開かない赤ん坊のセレスティーヌにこんなにも一心に愛情を与え、心配するアーネストパパが本当に素敵でその表情や仕草を見ているだけで何だかとても微笑ましく羨ましかったです。アーネストの優しい眼差しに少しだけ元気づけられました。これからアーネストとセレスティーヌにどんな物語が待っているのかとても楽しみです。アーネストパパ、これからもずっと素敵なパパさんでいて下さいね。バンサンさんの作品に触れる度に、大切な何かを思い出し少しだけ童心に戻ったような懐かしい響きが心の中に温かと広がっていくようなそんな気持ちにさせられます。素敵な絵本をいつもありがとうございます。


さらに詳しい情報はコチラ≫


乗馬をはじめよう―16POINT 出会いから乗馬まで乗馬をはじめよう―16POINT 出会いから乗馬まで

高橋書店 刊
発売日 1991-10




ビギナーにおすすめします 2006-02-14
自分も乗馬クラブ入会の折渡されました。厚さ、文章量、レイアウト等に読みやすさはありますが、いたずらにカジュアルすぎず、ビギナーにふさわしい乗馬意識の高まりが持てます。また、イラストと写真による解説法は類書と同じですが、写真のモデルが半袖シャツ姿なので、腕の形態や腰の伸びようなど参照しやすいです。腰を据えて隅々までじっくり読めば、姿勢や誘導など重要な事項はかなりしっかり勉強ができる、よく考慮された本だと思います。


さらに詳しい情報はコチラ≫


復讐の瞳 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ロ 5-1) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ロ 5-1)復讐の瞳 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ロ 5-1) (ハヤカワ・ミステリ文庫 ロ 5-1)
カレン・ローズ/Karen Rose
早川書房 刊
発売日 2007-09-20




いいとこ取り! 2007-10-08
「発表した長篇すべてがベストセラーに」という著者紹介を見て買いました。大きな事件の幕開けを匂わせるゾクゾクさせる出だしから引き込まれ、600頁があっという間でした。秘密を抱えながらも惹かれあっていくふたりの関係が、手に汗握るスリリングな展開とあいまって、ロマンス好きにもサスペンス好きにも満足できる作品だと思います。翻訳臭くなく、流れるような訳もよかったです。



ロマ・サス=「軽い読み物」というイメージだったのですが、これはプロットがしっかりしていて、読み応え充分。カレン・ローズの他の作品も読んでみたいです。


さらに詳しい情報はコチラ≫


3秒でハッピーになる モテ名言セラピー3秒でハッピーになる モテ名言セラピー
ひすいこたろう /モテるーズ(ヤス&よう子)
ディスカヴァー・トゥエンティワン 刊
発売日 2007-12-10




人生のバイブル! 2008-01-22
テレビでタレントのスザンヌさんが紹介しているのをみて、「どんな本なんだろ〜」と気になっていました。

最新刊だという本書を買ってみたのですが、これが大正解!

読むだけでなんだか温かい気持ちになるんです。

欲しがっているばかりの自分をちょっぴり反省しました。

モテ本の域を超えた名作だと思います。人生のバイブルにしたいです!


さらに詳しい情報はコチラ≫


企業とつくるキャリア教育―子どもたちに夢と出会いを…企業とつくるキャリア教育―子どもたちに夢と出会いを…
企業教育研究会
教育同人社 刊
発売日 2006-02




小学生からのキャリア教育 2006-02-09
タイトルに惹かれて購入した。

今後、小学校からのキャリア教育は重要になっていくだろう。

授業の中で、働くことを考えるような機会が増えればと思う。

協力企業数と実践数が多いことには非常に驚いた。

教科別にまとめてほしい。




さらに詳しい情報はコチラ≫


態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)態度が悪くてすみません―内なる「他者」との出会い (角川oneテーマ21)
内田 樹
角川書店 刊
発売日 2006-04




なるほど、なるほどと感心し、読み返しました。 2007-03-25
 本書は著者がいろいろな書物に掲載したものを一冊にまとめたものであるが、なかでも34P「シャイネスの復権」、46P「コミュニケーション失調症候群」、73P「感情を割る」に感心し、何度も読み返しをした箇所である。

 敗戦国の日本人を子どもレベルに評価したアメリカは日本国民に対して自国と同じ教育制度や体制を導入したが、今、その弊害が日本社会に蔓延している。それを気づかせてくれたことに感心しました。



 また、『靖国問題』の著者であり哲学者の高橋哲哉氏の「正しい」考えについていけない、という意見に「なるほど、なるほど」と感心しました。




さらに詳しい情報はコチラ≫




忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
自己紹介:

相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策

おすすめサイト、リンク集51

自動メール配信,web予約システム,予約管理システム

素材などホームページ作成支援

金儲け、お金稼ぎ、ビジネス、お小遣い、在宅

履歴書 書き方・志望動機なら

クレジットカードお得ランキング

キャッシング比較・申込なら

ETCカード比較・おすすめ・人気なら

自動車保険 見積り・比較なら

FXスプレッド・手数料 比較なら

英会話教室

プーリップ カスタムプーリップ プーリップの服

バイアグラのITSサプリ

SEO対策

スイーツ チーズケーキ

広島 賃貸 不動産

レオパレス

       RICHリッチ/グレースコンチネンタルショップDIVA

レオパレス

岩盤浴 岩だーら

皐月形成クリニック

三国志 ゲーム 無料ゲーム 素材 フリー素材

家事代行

イノセント恵比寿

情報灯台のテーマ若さと健康

広島 賃貸

カードローン比較の『カードローン ガイド』

稼ぐ、儲かる

気功

クレジットカード比較、申し込み

ダイエット

占い、心理テスト

ネクタイ専門店JJKK

恋の音楽

yanonのプーケットお役立ち情報

Phuket and THE CHEDI

phuketlovers

中古パソコン リサイクルパソ

就活支援団体ジョブリンピック

えびすや本舗

ピコピコ日記

勇魚のセカンドハウス

香里奈画像、動画

MUMBLES マンブルズ

篤姫、NHK大河ドラマ

ハンドメイドミノーMay

出口智也

月収100万サクサク稼ぐ極意

情報商材研究評価サイト

日本酒とキムチの浜田屋

Alice Vanilla Rose

ファッション通販データ

オンラインゲーム遊びガイド

無料オンラインゲームガイド

稼ぐのが楽になるビジネス

同棲を成功させたいステップガイド

ブルガリショップ

恋をしましょう!!

完璧じゃなくて『ぽんちぇき』

携帯画像 MobiCat

ウェルカムボードを低価格で

身近な建築人

もみほぐし屋

ズバリ経営戦略立案ブログ

夢五島「五つの夢がかなう島」

ライブドアブロググルメライフ

アメックスブラックカード取得

モデリート・ビューティ通販

釣り命!!

プリザーブドフラワーレガロ

自動おしぼり機専門サイト

アニメの感想 二次元日和

無料オンラインゲーム

石垣島ダイビングSPLASHCLUB

不動産・投資・金融大百科

できるオヤジの生活術

ニュース速報ナビ

レーシック 失敗しない基礎ガイド

イケア(ikea)

無印良品

アルフレックス

大塚家具


バーコード
ブログ内検索
最古記事
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)
(01/29)